産み分け精度
99

B&Cの着床前診断
染色体検査、男女産み分け

B【Baby,Birth】&C【Choice,Chromosomes】
B&C Healthcareは、
日本で初めて着床前診断を
導入した
専門エージェントです。

まずはお気軽に無料資料請求!

こんなお悩みありませんか?

  • 男女を確実に産み分けたいけど
    確率が低くて不安…
  • 先天的な障害を残したくない…
  • 妊活をずっと行ってきたが
    成果が出なくて疲れた…

そのお悩み
B&Cの着床前診断なら
解決できます。

B&Cがご提案する着床前診断

Service

着床前診断とは

着床前診断とは「受精卵の段階で解析し、受精卵が子宮に着床する前に、遺伝子や染色体に異常がないかを調べる医療技術」です。

受精卵の中身(染色体)の異常の有無を調べることで、着床しやすく、流産しにくい受精卵を選び、男女の性別を事前に判定することができます。

着床前診断のメリット

・着床率の向上

最新技術の着床前診断を実施した場合、着床率が28%から70%以上に上昇したという研究データがあり、染色体に異常のない受精卵を子宮に戻すことにより、妊娠率が飛躍的に向上することが示されています。

・流産の減少

染色体異常のある受精卵のほとんどが流産してしまうことが知られていますが、35歳以上の受精卵の実に6割以上に染色体異常があると認められています。着床前診断で染色体異常のない受精卵を子宮に戻すことによって、流産の可能性を大きく低減させることができます。

産み分けに繋がる技術

着床前診断では体外受精した受精卵が"胚盤胞"という状態まで成長した段階で数個の細胞を取り出し、23対の染色体の異数性を調べます。

着床前診断の際に性染色体(XX/XY)についても判定が可能なため、希望の性染色体を持つ受精卵だけを子宮に戻すことで高精度の産み分けが可能となります。その検査精度は約99%となっており、世界で最も高精度な産み分け法となっています。

他の産み分け方法と比較して
圧倒的に確率が高い

精子には男の子となるY染色体をもつY精子と女の子となるX染色体をもつX精子が存在しています。

どちらの精子が卵子と結びつくかによって男女の性別が確定します。産み分けの方法はいくつかの手法があります。

代表的な手法とそれらの違いをご紹介します。

産み分けゼリー
(膣内の酸性濃度をコントロールする)開く

X精子は酸性の環境に強く、Y精子はアルカリ性の環境に強いといわれています。ですので、女の子が欲しい場合は膣内の酸性濃度(pH)を酸性に、男の子が欲しい場合は膣内をアルカリ性に保ち産み分けを行う方法です。

◇産み分けゼリー
膣内の酸性度をコントロールするゼリーです。女の子を希望する場合は、ピンクゼリーで膣を酸性の状態にし、男の子を希望する場合は、グリーンゼリーで膣をアルカリ性にすることで産み分けを行います。

パーコール法
(精子をX精子とY精子に分類する)開く

事前にX精子とY精子を選別し、希望する性別の精子を使うことで産み分けを行う方法です。
精子を遠心分離機にかけ、重さの違いによってX精子とY精子を選別し、希望する性別の精子を使うことで産み分けを行います。

B&Cがご提案する着床前診断
(受精卵の段階で男女の性別を確認する)開く

最終的な性別は精子と卵子が結びついた段階で確定するため、上記の方法では限界があります。
着床前診断では受精卵の段階で性別を確認し、希望の性別の受精卵を子宮に戻す方法のため男女産み分け法としては最も確率の高い方法となります。

方  法 不妊治療の観点 産み分けの確率
産み分けゼリー
性交時にゼリーを膣内に
直接注入
自然妊娠と同様
50%~60%
※医学的証明に乏しい
パーコール法
精子を採取し、
X,Y精子に分類、子宮に注入
人工授精と同様
50%~60%
※医学的証明に乏しい
着床前診断
受精卵の染色体を調べ、
希望の性染色体を持つ
受精卵のみを子宮に戻す方法
流産の減少、着床率の向上
99
※医学的エビデンスあり

着床前診断は他の産み分け法よりも
圧倒的な確率の高さを誇り、
不妊治療の
観点からも非常に優位性があります。

まずはお気軽に無料資料請求!

B&Cが選ばれる理由

Strong Point

B&C社実績
総契約者数 287組
⇒契約継続中及び通院中数 118組
⇒検査終了数 169組
平均年齢 35.1歳
検査済
受精卵数
1899個
(米国検査機関日本人実績分との合計:2995個)
染色体
異常なし
55.0%
(1044/1899)
男女比率 50.6:49.4%
(男:女)
妊娠率 75.40%

豊富な着床前診断の実績
(2024年5月末日時点)

B&Cが提携している米国の検査会社では米国内で数万件以上の実績を持っております。また、米国だけでなく日本から輸送される受精卵及びDNA検査についても長年にわたり実施しており大変多くの実績があります。弊社単体の実績については実績表をご確認ください。

B&C社の妊娠および出産の実績数については、これまで弊社宛に60組ほどのお客様からご報告を頂きましたが、弊社では妊娠結果の開示を求めたり、追跡調査などは強制していないため、あくまでも自主的にご連絡を頂いた件数のみとなっております。 そのため、全体の正確な妊娠および出産数は把握できておりませんが、ご報告件数以上にさらに多くのご夫婦が無事妊娠されており、今後も出産のご報告は増えていくと考えております。


またこれまでの豊富な実績により、年齢別や受精卵のグレード別の診断結果の平均値などを個別にお教えすることもできます。事前に確率を知ることで、より具体的な計画を立ててトライすることができたという声もいただいています。

B&C Healthcareの特徴

B&Cでは、安心して海外での着床前診断を選択していただけるように、
提携している米国検査機関や輸送会社の実績だけでなく、弊社にも独自の特徴が数多くあります。

安心保証制度

『検査結果で移植希望胚が一つもなかった場合、最大30万円をキャッシュバック』
B&C及び弊社が提携する米国検査機関では豊富な実績により、検査したお客様の95%の方が移植希望胚を得ることができています。

検査の品質や実績には大きな自信を持っておりますが、万が一、移植希望胚を一つも得られなかった場合は、最大30万円のキャッシュバック制度をご用意しております。
(安心保証制度は一定の条件を満たした場合に適用されます。詳細は事前カウンセリング時や資料などでご確認ください。)

妊娠出産サポート制度

『めでたくご出産された場合には、最大6万円のギフト券を差し上げます』
B&Cでは毎月多くのご夫婦より妊娠出産のご報告をいただいております。

弊社では「妊娠出産サポート制度」として、めでたくご出産された場合には、最大6万円のギフト券を差し上げております。
(ギフト券の進呈には、一定の条件があります。詳細は事前カウンセリング時や資料などでご確認ください。)

国内外の医療連携

体外受精や胚移植という非常にデリケートな医療技術は、弊社が提携する日本国内の安心できる医療機関で受けることができます。

また、弊社は国内外の学会に所属及び賛助会員として登録しており、常に最新の情報を収集しております。

【B&C所属・賛助学会(日本)】
・日本受精着床学会
・一般社団法人日本 IVF学会

【B&C所属・賛助学会(海外)】
・PGDIS<国際着床前遺伝子診断学会>
・ASRM<米国生殖医学会>

日本人検査実績が豊富

B&Cが契約している米国検査機関(SEQUENCE46)は日本の夫婦に対しても数千件を超える検体実績があります。

歴史と実績をもつ輸送会社

B&Cでは、納期や温度、制約の厳しい研究品、細胞の輸送を専門に行うワールド・クウリアーという物流会社に受精卵の輸送を依頼しています。

日米双方の遺伝カウンセラー

B&Cでは日米の遺伝カウンセラーと提携しており、遺伝病の専門的な相談が可能です。米国カウンセリングには無料の日本語通訳がお付き添いいたします。

オンライン契約の導入

電子契約システムの導入により、書類の郵送などのわずらわしさがなく、すべてオンライン上で完結可能です。
無駄なコストを省き品質を維持したまま最大のコストパフォーマンスをご提供します。

詳細なモザイク率の報告

正常な受精卵がない場合、モザイク胚の移植を検討されるケースもありますが、その際の判断基準として重要なモザイク率について、SEQUENCE46では詳細なモザイク率を報告しています。

万が一の保証

弊社では今まで一度も輸送時や検査時の事故やミス、問題は発生しておりませんが、万が一受精卵にダメージが生じた場合に備えて弊社独自の補償をご用意しております。

上記以外にも様々な弊社独自の特徴が数多くございます。

着床前診断の専門エージェントのパイオニアとして、お客様に最大限のパフォーマンスをご提供することをお約束いたします。

お客様の声

Customer Review

いままで弊社にてご成約されたお客様の声を一部掲載いたします。
Kご夫婦(奥様36歳)
愛知県

※お客様よりご出産のご報告とお子様のお写真の掲載許可のご連絡をいただき再掲載しております。
下記の手書きメッセージはは妊娠4か月時点で頂いた文章です。

現在妊娠4か月です。染色体異常もなく、希望通りの性別と確定しました。

【※追加のご報告内容】
9月に無事元気な女の子を出産しました。
夢が叶い、本当に感謝しております。
色々とご尽力頂き、ありがとうございます。


Yご夫婦(奥様30歳)
愛知県
Nご夫婦(奥様36歳)
大阪府

事前に知ることができてよかったです。

どの胚盤胞もグレードは悪くありませんでしたが2/3が染色体異常卵でした。異常卵か正常卵かわからずに移植していたらかなり遠回りするだけでなく、身体的にも金銭的にも時間的にも大きな負担になっていたので事前に知ることができてよかったです。

メールの返信が早く、いつも丁寧に対応していただけて安心してお願いすることができました。

Tご夫婦(奥様35歳)

安心して妊活に踏み切れました。

性別が事前に分かるため、安心して妊活に踏み切れました。胚移植を一回行い現在妊娠11週です。

初めてのことが多く、またコロナもあり米国に輸送することが不安になる時もありましたが、ご丁寧に質問にお応えくださり、無事検査が受けられたことは本当に感謝しております。

Mご夫婦(奥様41歳)
奈良県

運良く妊娠できました。

胚移植を1回行い現在妊娠5ヶ月です。

希望の性別の受精卵が一つしかありませんでしたが、運良く妊娠できました。迅速に対応いただき大変感謝しております。
ありがとうございました。

Sご夫婦(奥様37歳)
京都府

胚移植を1回行い妊娠、現在妊娠7週です。

提携クリニックが大変良い病院だった。
結果的に1度の移植で妊娠に漕ぎ着けたのは、着床前診断の成果だと思っている。B&Cさんには、いつもご丁寧な対応を頂きまして、ありがとうございました。

Mご夫婦(奥様24歳)
東京都

現在妊娠4か月目で、胚移植1回で妊娠できました。

希望する性別を得られたこと。着床診断を行って、染色体異常のない受精卵を得られたことがよかったです。
B&Cさんには、きちんと対応して頂けたのでとても感謝しています。
ありがとうございました。

今後もその後の調査などには協力して行きたいと思います。

Nご夫婦(奥様39歳)
大阪府

非常に意義のあるサービスだと思いました。

B&Cさんのサービスは不妊治療をしていたり健康な子供を願う夫婦にとって非常に意義のあるサービスだと思いました。
高齢出産が増える日本ではこれからもっと需要が出てくると思います。
私達夫婦は産み分けを希望していましたが2人目がなかなか授からず悩んでいたので、B&Cさんのサービスに救われました。
紹介してもらえたクリニックには、託児室もあったのでとても助かりました。
これから胚移植なのでまだ不安はありますが、家族の協力もありここまで来れたので体調を万全にして頑張りたいと思います。

まずはお気軽に無料資料請求!

ご契約から検査の流れ

Flow

着床前診断を行うまでの流れは複雑ではありません。
まずはお気軽に資料をご請求ください。
Step1
まずは資料請求
B&C Healthcareで着床前診断を行う場合の詳細について資料をご確認ください。
日本で初めて民間レベルでの着床前診断を実現させた弊社の概要から、米国検査機関についての詳細、価格感についてご覧いただき、事前カウンセリング時にご質問ください。
Step2
弊社スタッフと事前カウンセリング

(お電話・オンライン・ご来社)
ご契約の前に無料の事前カウンセリングの実施を必ずお願いしております。
改めて弊社のスペシャリストより着床前診断についての詳細、注意事項、医療機関のご紹介を行います。
弊社のスペシャリストは全員女性で構成されておりますので、安心してご相談ください。
Step3
ご契約
Step4
国内医療機関にて体外受精の開始
Step5
基本費用および追加費用の
お支払い
Step6
受精卵から取り出したDNA
または受精卵を米国へ輸送
Step7
米国検査機関にて
着床前診断の実施
Step8
検査結果のご連絡
Step9
日本の医療機関へ受精卵をご返送
Step10
日本の医療機関にて
胚移植→妊娠→ご出産
妊娠したいご希望のタイミングで胚移植を実施していただけます。
※PGT-SR/PGT-Mをご利用の方は検査の流れが異なります。

検査概要

検査名称 着床前診断
検査機関 SEQUENCE46社
検査実施国 米国
検査項目 1番~22番常染色体及びX/Y性染色体※「PGT-SR 着床前染色体構造異常検査」「PGT-M 着床前単一遺伝子疾患検査」をご希望の場合は別途ご相談ください。
検査価格 検査費用は170万円~230万円程度です。
※詳細な金額については、ご希望の検査手法により異なりますので、事前カウンセリング時にお伝えしております。
提携医療機関 提携医療機関は全国にあるため、最寄りの医療機関をご紹介します。
※医療機関の詳細は事前カウンセリング時にお伝えします。

よくあるご質問

FAQ

男女産み分けの確率はどの程度の確率ですか?開く

弊社が契約している米国の検査機関では高精度(約99%)で男女産み分けが可能です。
99%という確率は、あくまでも検査機器の世界ではどんなエラーも絶対におきない100%という確率は理論的に記載することが難しいため、実際にはほぼ確実な確率といえます。
米国検査機関の千件を超える実績と弊社の実績においても、現在までに男女の産み分け結果が、検査結果と異なっていた事例は一例もありません。

着床前診断エージェントを選ぶ際のポイントは何ですか?開く

以下にポイントを記します。

●輸送会社に実績や歴史があり、世界規模の企業であること
実績や歴史の浅い会社は受精卵損壊なども起きておりリスクがあります。
また世界規模で展開しておらず、現地に支社がない場合、現地でトラブルが起きた際の対応が遅れ重大なミスにつながるリスクもあります。

●検査機関が米国にあり日本人夫婦の実績が豊富なこと
着床前診断は米国で開発され、最も多く実施されているため米国の検査機関は高い技術力を誇っています。
また日本人夫婦の検査実績が豊富なことは、日本の医療機関からの検体の扱いに精通しているという点でも重要です。

●スタッフに豊富な知識があること
エージェントのスタッフには着床前診断の十分な知識が必要です。
また状況に応じてNIPT(新型出生前診断)も関係する場合があるためそれらの知識があるエージェントが理想です。

輸送中のトラブルはありませんか?開く

弊社では、これまで受精卵の紛失や損壊などのトラブル、開封検査やX線検査の実施は一切ありませんのでご安心ください。

検体(DNAや受精卵)は弊社が提携する細胞専門の物流会社がピックアップし、米国の検査機関までお届けします。
一般貨物を扱うような物流会社とは異なり、海外の研究機関と国内の医療機関の間で、研究用の細胞等の輸送を行う専門の企業です。米国側では同企業の支社が責任を持って検査機関までお届けしています。細胞や受精卵輸送の実績も豊富にあり、適切な通関処理を行い輸送しておりますのでご安心ください。

体外受精の実施が可能な提携医療機関はどこですか?開く

弊社が提携する医療機関は、関東、関西、中部など幅広いエリアをカバーしております。
その他地域に関しても輸送実績のある施設もあります。
また弊社提携施設以外でも、お客様が通われている施設での検査も可能です。
ご紹介可能な施設の詳細等については事前カウンセリング時にお話しさせていただいておりますので、まずは資料請求と事前カウンセリングのご予約をお願いします。

通院している医療機関で、御社のサービスの実施は可能ですか?開く

国内の体外受精施設に関しては、弊社よりご紹介することが可能です。
弊社の紹介施設以外でも、受精卵を海外に送る許可を施設より頂ければ、お客様の近隣の施設でも問題ありません。
ただし、施設情報や、実際に近隣施設へご相談する際の手順や注意事項等に関しては、お電話、オンライン、またはご来社による事前カウンセリング時にてお話を差し上げておりますのでご了承ください。

取り違えなどはありませんか?開く

ご夫婦の検体(DNAや受精卵)は患者様ごとに個別のケースまたはケーンに収納されているため、輸送中に他の患者様の検体と混在することはございません。
実際に検査を行う米国の検査機関でも、これまで受精卵の取り違えが発生したことはありません。

無料資料請求

Contact

※は必須項目です。
お名前
ふりがな
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認用
上に同意する

送信後に自動送信メールが届きます。
その際の差出人アドレスは、
autoreply@form-mailer.jp」となります。